自己処理のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kenuki

ムダ毛の自己処理はとても気軽で誰でも経験のある脱毛方法です。しかし自己処理には肌トラブルの危険が沢山あることを知っている方は、案外少ないようです。自己処理の脱毛方法ごとにそのデメリットについて考えてみましょう。

一番手軽に多くの方が利用する方法は、カミソリで剃る方法です。この方法のデメリットは、2〜3日で毛が再生し始めて、チクチクすることです。何度も何度も剃らなければならないので、それがストレスになる方も多いのです。またムダ毛の周りの皮膚も削ってしまう為、角質がはがれてしまいお肌の乾燥を招くことがあります。皮膚の薄い部位ではしわの原因となることもあるのです。

毛抜きで抜く方法はムダ毛の周りの皮膚も一緒に引っ張ることになり、肌がブツブツした状態になります。またムダ毛の再生より皮膚の再生の方が早いため、埋没毛という皮膚の中にムダ毛が埋もれた状態になります。無理に皮膚をはがそうとすると皮膚に傷が付き、そこから雑菌が入ると炎症の原因となります。一度炎症を起こすと跡が残って取れにくくなることもあるのです。

一気にムダ毛処理が出来る方法に脱毛テープがありますが、これは痛みがとても強く、テープを使用した部分の皮膚もはがしてしまい肌荒れや黒ずみとなることも多いのです。除毛クリームや脱毛クリームは薬品を使用して脱毛する方法なので、肌が弱い方でなくても使用後にヒリヒリ感が残ったり火傷のような状態になる場合があります。

総体的にムダ毛の自己処理は色素沈着やシミの原因となることが多く、細菌が入ると毛嚢炎などの肌トラブルとなることも多いので避けた方が賢明です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*