脱毛施術前に注意する3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
03

脱毛サロンに通う前には、肌トラブルを避けるために気をつけておかなかければならないNG項目がありますので確認しておきましょう。

1.日焼けはNG

日焼けした直後の肌というのは紫外線ダメージを受けています。日焼けの程度にもよりますが、急な日焼けをした後では、紫外線ダメージから肌が弱くなっていて、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしやすくなっています。脱毛サロンで用いるマシンは、毛細細胞を破壊、はたらきを弱める作用があるくらい強い刺激を加えます。もともと肌が敏感な人だと、日焼けした状態で脱毛マシンの光を浴びると肌表面にヤケドを起こすこともあるそうです。そういったトラブルを招かないためにも、脱毛サロンへ通う前、2週間程度は紫外線をなるべく浴びないよう注意しましょう。

2.予防接種は10日前までに済ませる

脱毛サロンでの脱毛マシーンは、予防接種を受けた後10日以内には使用することを禁止されています。予防接種というと、大人でもインフルエンザなど予防するために打つ人も多いかと思いますが、子どもだけでなく少なからず大人にも副作用が現れることがあります。代表的なものは、発熱や肌の赤みや腫れ、痛み、倦怠感などです。この副作用に関しては、およそ2〜3日間で軽快することが大半なので心配いらないのですが、ウイルスを少量体内に入れて抗体を作るこの予防接種は、一時的に身体機能、免疫などを低下させることがわかっています。もちろん、皮膚の肌バリアも一時的に機能が低下しますので、強い刺激を受けてしまうとトラブルが起こりやすくなります。よって、予防接種は脱毛10日前に済ませておきましょう。

3.体調が悪いときに施術を受けるのは避ける

よほど体調が悪い時に無理をして脱毛サロンに行くという人は少ないかもしれませんが、ちょっとした風邪くらいなら予定通り通ってしまおうという人いませんか?
サロンによっては、ちょっとした体調不良でも薬を内服している人へは施術を行わないというところも多くあります。
薬を内服していることで、脱毛マシーンの作用が強く出たり、逆に弱められる可能性が否定できないためです。
また、発熱時にさらに脱毛マシーンで熱を浴びるというのは人体にとって悪影響。急速な体調悪化につながる恐れもあるのでおススメできません。
体調が優れない時は、予約日を変更してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*